仕事を辞めたい!看護師の向き不向きについて!

看護師のNICUの仕事内容?向き不向きってあるの!?

 

NICUとは、新生児集中治療室のことです。この新生児とは、未熟児や疾患を持った新生児など治療を要する赤ちゃんを意味します。NICUでは保育器に入った赤ちゃんを24時間モニター、呼吸や循環管理をしながら赤ちゃんのケアを行っています。

 

命に係わる赤ちゃんから、退院を目前に控えた赤ちゃんまで様々な赤ちゃんが入院しています。またナースコールがない、面会が制限されているというところが、ほかの病棟と大きく違う所です。

 

NICUには1000g以下の赤ちゃんもいます。とても繊細で未熟ですし、扱う注射薬というのも大きく違います。看護師の行ったことが、赤ちゃんにすぐに影響することもあることから、NICUというところは、慎重かつ丁寧、そして赤ちゃんのことを考えてあげられる看護師が向いています。

 

反対に、十分な観察力がない、慎重さに欠ける、おおざっぱという人には、NICUに向いていないと感じます。特に保育器に入っておむつだけの赤ちゃんを注意深く観察する力がないと、問題や症状が発展してしまうこともあるので、その能力がないと難しいと思います。

 

NICUは赤ちゃんばかりを扱います。そのため看護学校で学んだ看護技術は全く役に立ちません。大人とは大きな違いのある赤ちゃんたちなので、全てにおいて微量なのですね。もしもNICUからほかの成人病棟などに移動するとそのスケールの大きさに驚くでしょう。そのため、転職の時には、また看護技術をすべて復習した方がよいですね。

 

NICUの更なる詳しい「向き不向き」については下のサイトにて詳しく解説されていますので、よければ参考にして頂ければ幸いです。

 

 

なので、看護師という仕事について幅広い可能性を考えてもらえればと思うのですが、ではどのような職場があなたには向いているのでしょうか?

 

看護師のNICUの仕事内容?向き不向きってあるの!?